リトルカブでの最初のツーリング

2017年7月15日

5年前、2サイクルスクーターの代替機として購入したリトルカブを初めて山形県外に連れ出したのが2012年10月14日でした。

元々、福島市内へは何度も出かけていたのですが、飯坂温泉の上流にできた摺上川ダムが新しく作られてから行ったことがなかったので行ってみたいという願望にかられて、リトルカブで出かけてみました。

コース
山形市立蔵王第一小学校 → 県道267号線(旧国道13号線) → 上山市金谷 → 山形県立明新館高校 → 上山市宮脇 → 上山市楢下 → 旧羽州街道(金山峠) → 宮城県七ヶ宿町千蒲 → 国道113号線 → 七ヶ宿町湯原 → 稲子峠 → 七ヶ宿町稲子 → 国道339号線 → 摺上川ダム → 福島県福島市飯坂温泉鯖湖湯(さばこゆ) → 桑折町(こおりまち) → 伊達市小坂 → 旧羽州街道 → 小坂峠 → 宮城県白石市戸沢 → 国道113号線 → 七ヶ宿ダム → 七ヶ宿町千蒲 → 旧羽州街道(金山峠) → 以下省略

旧羽州街道の金山峠と稲子峠(いなごとうげ)は、福島市へ抜ける地図上の最短ルート上にあります。金山峠を超えると宮城県に入ります。金山峠と国道399号線鳩峰高原は山形県側が切れ落ちて、宮城県側がなだらかなコースになっています。以前は、稲子峠は砂利道でほとんど車らしい車は通りませんでした。

国道399号線は摺上川(すりかみがわ)ダムができる前は谷あいを走るクネクネ道でしたが、2輪車には快適なコースでした。昔の道はダム湖の下に沈んでしまいました。ダム工事により付け替えされた道路は立派な2車線の道路に生まれ変わりましたが、このルートを通ると必ずと言っていいほどサルの群れに出くわします。

以下、サル軍団の様子を撮ったビデオです。

ダム湖の途中の梨平公園でコーヒータイムを取ります。ツーリングには登山用のガスコンロと鍋とコップと水とレギュラーコーヒーは欠かしません。水はイオン交換樹脂を使った軟水器で塩素を取っているのでコーヒーには最適です。

摺上川ダムをしばらく下ると飯坂温泉にたどり着きます。新しいホテルが立ち並び昔の面影が薄れてきています。共同浴場の鯖湖湯(さばこゆ)が立て替えられて残っていました。ここの共同浴場の湯の温度は半端でなく熱くて水で薄めることができませんが、夏場のツーリングの途中で度々立ち寄り、湯上りは快適にバイクを進めることができます。

飯坂温泉から旧羽州街道の終点(始点)である福島県伊達市の国見、小坂へと走り、萬蔵稲荷神社の赤い鳥居をくぐって、一気に小坂峠へと駆け上ります。途中、水車が回っています。旧羽州街道であることの看板が立っているところもあります。

小坂峠からは福島市の北部や阿武隈川、伊達市、霊山(りょうぜん)などが一望できます。

峠から旧宿場町の戸沢を下って、白石市小原温泉から伸びる国道113号線に合流し、七ヶ宿ダム、七ヶ宿町のメインストリートを走り、金山峠に戻って、山形に帰ってきました。

このルートはとても好きなコースです。特に金山峠と稲子峠、国道339号線は大好きなコースです。後日、詳しく紹介したいと思います。