Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スポルケットのメンテナンス 2018.6.24

牡鹿半島ツアーが無事に終了し、リトルカブのメンテナンスと修理をしました。

最初は、エンジン駆動部のスポルケットの点検と清掃とグリス注入です。ツアー前に後輪のスポルケットとチェーンのメンテをしておきました。

次はリアボックスを破損した部分をプラリペアなる修理キットで張り合わせました。見てくれは今一ですが実用強度は申し分ありません。もう少し、きれいにできるのですが、まだ、技術的にまだまだです。

最後は、オイルパンのドレインボルトを締めすぎて、メス側(オイルパン)のネジが舐めてしまい、ツアー中、少々オイル漏れを起こしていました。多賀城で昼食を共にしてくれた43年前の女子高生が心配してくれていました。

世の中には、私のような間違いを起こす方がたくさんいらっしゃるようです。修理方法がたくさんネットに載っていて、イチかバチかネジピッチの大きいものに交換してみました。元々のボルトはM12 L=15mm P=1.5という規格でしたが、ホームセンターからM12 L=20mm P=1.75というステンレスボルト(税込み104円)を購入し、バイク用のドレインワッシャ2枚を噛ませ、レンチで回したところ、見事に締まってくれました。