サバのサンドイッチ

よく、ツーリングに持っていく昼食は、サバとキャベツのサンドイッチ。昔はサバでなくてコンビーフでした。今、サバ缶はブームです。売り切れて手に入らないスーパーがあるとニュースで言っていました。私は、何年も前からサバ缶を使っています。

普段はヨークベニマルのパンを買います。夜、買いに行くと、売り切れで無くなっていることがあるので、仕方なくpascoの超熟にします。どちらのパンも同じこだわりがありますが、ヨークベニマルの方が早く腐れるので安心(防腐剤が入っいないか少ない)ですし、何より美味しいのです。

マヨネーズは、たっぷりのオリーブオイルと卵と酢と天然塩と自分で挽いた黒コショウをフードプロセッサーにかけて作ります。

一昨年の6月に月山に登った時に驚きました。山頂での昼食の時、ほとんどの人たちがペットボトルのお茶を飲みながら、コンビニ弁当かコンビニおにぎりを食べていました。そして、食べ終わると、そそくさと下山していきました。

私たちはクーラーバッグに入れておいたキンキンに冷えたアルコールフリーのビールでのどを潤し、お湯を沸かして温かい味噌汁を飲み、手作り弁当で昼食を取りました。昼食後はレギュラーコーヒーで残った休憩時間を楽しみました。

最低1時間は昼食の時間を取ることにしていますが、最近の登山客は長い人でも30分しか昼食時間を取りません。これでは、いつ遭難してもおかしくないと考えるのは古い考えでしょうか。山岳会やサークルでルールやセオリーを積んで山に出掛けたものですが、今では、そういったスキルを身に着けずに、高級な用具だけを身に着けて登る方が多いような気がします。

登山やツーリングで弁当持参の時は、できるだけ、安くて美味しくて安心な昼食を自分で作って持っていくことを心掛けています。