棚田2選 羽前小松駅編

2018.4.27ツーリング

十印の後、JR米坂線羽前小松駅に行ってみました。ここは、三菱鉛筆工場のそばにあり、鉛筆の独特な匂いがします。
駅には紅大豆の加工品の売店がありました。駅事務室に人がいなかったので、買うことを躊躇いました。帰ってから写真をよく見ると郵便ポストのミニチュアが写っていて、そこに張り紙がしてありました。
「『えきなか産直』は、豆菓子や卵、野菜、ジュース、お茶などの対価を駅運営のための志(こころざし)として、委託駅である町民駅の維持に活用させていただきます。羽前小松駅」
買いたいときは郵便ポストに入れるのでした。
こうした川西町民のみなさんのアイディアと努力で羽前小松駅が維持されていることを知りました。
石巻出身の恋人の話では、「NPO法人えきまちネットこまつさんが頑張ってらっしゃいますよね。置賜農業高校さんの活躍も素晴らしいです。」とのことでした。
次回は、郵便ポストに代金を入れて買ってきます。