Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リトルカブ2回目のツーリング 国道399号

2013.5.19ツーリング

リトルカブでの2回目のツーリングは、金山峠を越え、さらに宮城県七ヶ宿から稲子峠を越え、国道399号を飯坂温泉から折り返して、鳩峯高原を越えて帰ってくるというルートでした。

リトルカブのツーリングの基本的なルートは地図上の最短で交通量の少ないコースを設定しています。

山形市内から上山市街地を抜けるには、金谷工業団地、上山明新館高校を通るのが一般的で、南下する場合は必ずこのルートを走ります。金山峠、柏木峠を越えるときは、牧野から宮川中学校の西を走り、果樹園の農道を通って楢下に抜けます。鳩峯高原からの帰りは、高畠で広域農道のぶどう松茸ラインに入り、米鶴酒造の前を走って二井宿に抜け、柏木峠を越えて楢下に入ります。

山形から福島市内へ行くときは、必ず、今回の往路コースを取ります。地図上の最短で、何十年も前からこのコースを走ってきました。ただ、金山峠は時々、災害復旧工事で春から通行止めになっています。今年は、8月10日までの予定ですが、豪雨になると再び通れなくなってしまいます。
このため、やむなく、柏木峠と二井宿峠を通らざるを得ません。

実は、2013.5.19は国道399号の冬季閉鎖解除の5日前でした。毎年、三春藩カブ主総会開催日の前日に国道399号が開通しています。この道路が予定通り開通できないと七ヶ宿ダムを通って旧羽州街道の小坂峠を越えて国見に入り、福島市に向かうしかありません。国道13号栗子峠だけは交通量の多さから、絶対に避けたいルートです。