Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バイクの師匠の五周忌

2018年8月31日

友人で山仲間でバイクの師匠が膵臓がんでこの世を去ったのが5年前の今日8月30日でした。

彼はモトクロスの山形県チャンピオンであり、県警機動隊のインストラクターやスポーツランド菅生の大会役員、猿倉モトクロス場の代表などを歴任し、飯豊本山を日帰りするという強者でした。

ジェット戦闘機とロードバイク(自転車)とカヌーと釣りをこよなく愛し、浜松、三沢はもちろん、度々、ロードバイクを持ってアメリカまで航空ショーを見に出かけたり、時々、宮城県の貞山堀でパドックを濡らしていました。

彼とは何度も泊りがけでツーリングに出かけました。もちろん、多くの山にも登りました。

また、バイクについては多くのことを学びました。エンジンや構造もそうですが、かれのバイクのテクニックは車種を選びませんでした。女性用の原付スクーターをオフロードバイクのような身のこなしで乗る姿には脱帽でした。

多くの人々に慕われた鉄人ですが、物言わぬ臓器に忍び寄る影は彼の意思にお構いなく彼をこの世から連れ去ってしまいました。

本日、五周忌を迎え、改めて、彼の人徳と功績をたたえ、ご冥福をお祈りします。    合掌