Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オープンガーデンそらの帰り道 その2

6月の第一日曜日から毎月、オープンガーデンそらにリトルカブで出かけ、たくさんの花々に出会えることを楽しみにしてきました。この10月で今年の公開は終わりました。

オープンガーデンそらの帰り道、必ず立ち寄ってきたところがあります。

それは、私の先祖や親類縁者の墓地です。6月から毎月、欠かさず、お墓参りを続けてきました。

私の父は55歳で他界し、菩提寺は山形市緑町、通称寺町(てらまち)にある浄土真宗大谷派の寺院でした。私の家では父が最初の仏となったので、父の実家と同じ寺を菩提寺としたのです。

やがて、私は現代の葬式仏教に疑問を持ち、ハガキ一枚に離檀届(りだんとどけ)を書いて、檀家総代と住職あてに送り、檀家を辞めてしまいました。

父の墓は菩提寺ではなく、共同墓地にあったこともあり、スムーズに檀家を辞めることができました。

現在は、宗派を問わない無所属です。それでも、常に数珠は持参しています。神社に行ったら、二拝二拍手一拝でお祈りをします。イスラム教のモスクでは、体から眼鏡や時計などの金属を外して礼拝をします。

こんな私を山仲間の遅山仙人は信仰が厚いと言いますが、私は守るべき礼儀と尊厳、そして、亡くなった先祖や親類縁者、宗教の本体との会話と考えています。

毎月第一日曜日の午後、オープンガーデンそらの帰り道、7基の墓を参り、墓に眠る人々と会話してから、帰宅の途に就きます。

オープンガーデンそらの公開は終わりましたが、毎月のお墓参りは続けていきます。