Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

浮島・大杉ツーリング 親戚の墓参り編

2018.10.8ツーリング

お腹も一杯になったし、今度こそ、大江町貫見に抜けるぞという思いで、西川町間沢で寒河江川を渡り、県道26号(寒河江西川線)から県道54号に入りました。

今年5月4日の岩根沢ツーリングの時に積雪のため、貫見に抜けるのを断念しているので、リベンジと言うことになりました。

芦沼田という集落の交差点で、道路状態の良い左側の道路に入ってしまいました。ところが、予定していたルートと違うルートを走ったためか、Googleマップの位置がかなりズレていて、「中岫(なかぬき)」というバス停に出てしまいました。

本来、南に行かなければならないのですが、北に進んでいるようで、近くにいるオジサンに尋ねたら、案内板を見ないで来たなと言われ、来た道を芦沼田まで戻りました。

芦沼田には案内板も道路標識もありませんでした。

芦沼田から先は、県道と言えども、写真のとおり、道幅は一車線、アスファルトは苔生し、砂利の部分も多く、所々、林道とクロスしていて、行く方向を迷います。県道と林道を見分けるコツは、路肩に〇〇県と書かれた杭やポールが立っていること、水路などは古い方が県道の場合が多いようです。

何とか県道54号を走破して、大江町貫見の郵便局の所に出てきました。

西川町大井沢と大江町左沢を結ぶ県道に出て、ベントナイトを採掘しているクニマイン(クニミネ工業)の近くの神社でコーヒータイム。コーヒーと茶菓子で一服した後、一路、山形市内に向かいました。

向かった先は、山形市内の寺院。親戚の墓がある場所です。

2018年10月12日の「オープンガーデンそらの帰り道 その2」で紹介したように、毎月、親戚縁者の墓参りをしていますが、なかなか、行けない寺院があったのです。

随分前に来たことがあったのですが、今となっては墓の場所が分からず、庫裡で住職の奥様に案内してもらいました。

遅山仙人の身内も同じ寺に墓があるとのことでしたが、仏の正確な名前が思い出せず、聞き出せませんした。今は、プライバシーの問題があり、簡単に教えないのだそうです。

私は、墓に眠る伯父、伯母と檀家である従兄の名前と住所を正確に言えたので、教えてもらいました。

実は、私は伯父、伯母の葬儀には出ていません。私の父は55歳の若さで亡くなりました。父方の身内でありながら、私には知らせが無かったのです。

その理由は、私が海外に暮らしていると父方の身内から思われているからです。そして、過去に私の両親と父方の身内に仲違いがあったことが遠因となっています。まして、父の実家の菩提寺と縁を切った私とは付き合う必要が無いというのもわからないでもありません。

そういう理由があり、私は父方の生きている身内(いとこ)とは疎遠になってしまいました。しかし、父とともに、父の姉、兄、弟たちはみんな同じ世界に行ってしまいました。

それなら、父とともに仏になった身内とは仲良くしようと思い、毎月、墓参りに出かけているのです。

さらに、遅山仙人は、今回訪ねた墓に伯父、伯母とともに眠る伯父、伯母の義母の身内だったのです。慶弔事があると従兄と相席するそうです。

私と遅山仙人とは一緒に山を登り始めたころからの腐れ縁だったのです。