Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ちょっと市内を一回り 園長先生へ

2018.10.14ちょっと市内を一回り
前日、美味しいことで有名な焼鳥屋「小柳(こやぎ)」の焼鳥と山形名物の「いも煮」で息子と酒を飲んだ時、旧知の保育園の園長先生の話題になりました。しばらく会っていないので、息子から気になったら訪ねた方がいいと言われ、リトルカブで出かけることにしました。

園長先生とは20数年来のお付き合いで、最初は仕事がらみで知り合いましたが、先生のプライベートな話や保育園の運営、樹木管理など仕事とは関係のないことで相談に乗らせていただいていました。

ここ、1、2年、ご無沙汰だったので近況が気になっていました。息子の勤め先の代表が、この保育園の保母をしていたこともあり、息子のことも園長先生からは気にかけていただいていました。

以前から、後継者不足で悩んでおられ、先生の意志を継いで保育園を運営できる保育士を育てることが近々の課題になっていました。

しかし、今は、どこの職場も人手不足。単なる頭数ではなく、仕事に対する意識やスキルの高さを求めようにも、そういう人は引っ張りだこで、なかなか、良い人材を探せない状況にあります。

その他にも、新しい園舎の建設時に庭師にいい加減な工事をされて、被害を被ったとか、保育士が精神的な悩みを抱えどうしたらいいかとか、相談の内容は多岐にわたります。

先生は女手一つで保育園を立ち上げて、認可保育園になるまで、たくさんの苦労をされてきました。

不思議なことに、先生が私に会いたいと思っていると私が現れるのだそうです。

これも縁なのでしょうか。

いつも、先生を訪ねるといろんな御土産をいただきます。ご辞退させていただくのですが、「貰いものだから、持って行って、持って行って。」とおっしゃるので、ありがたく頂戴してきます。

今回は、新米。美味しいミルキークイーンです。

また、近いうちにお会いすることとして、先生と別れ、久しぶりに盃山(さかずきやま)に向かいました。