Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

喜多方市でそばとラーメンを食べました。 白布越え

2018.11.3ツーリング 240km

桧原湖畔の早稲沢の標高が約900mなので、スカイバレーの白布峠(しらぶとうげ)まで高低差500mを一気に登ります。

つづら折りのカーブが連続し、標高を稼いでいきます。

桧原湖の奥に磐梯山が見えます。所々に眺望の良い場所があります。

米沢から桧原湖方面へのツーリングは何度も行ったことがありますが、桧原湖から米沢に向かったのは、今回が初めてでした。

白布温泉の標高は800mで早稲沢より100m低いだけなのですが、白布温泉から白布峠まではつづら折りが少ない分、10%の勾配がダラダラと続きます。真夏のリトルカブのエンジンは悲鳴を上げ、エンジンのパワーが落ち、白布峠手前でオーバーヒートを起こしてエンストしたことがあります。

この経験から、真夏でもパワーが落ちてエンストしないように、広島高潤のエンジンオイルを使うようになりました。

つづら折りの方が勾配が緩くなる部分があるため、エンジンへの負担が軽減されます。

国道286号の笹谷峠や国道399号の鳩峰峠はつづら折りの連続でリトルカブでも軽快に走ることができます。

標高1404mの白布峠でトイレ休憩。吾妻の稜線はうっすらと雪を被っていました。

ここから、山形県に入ります。標高差1150mの米沢市街地までエンジンブレーキを最大限に使って降りていきます。

米沢の奥座敷、白布温泉も雪囲いされていました。

船坂峠を越えると、まもなく、米沢市街地です。

前の週の樽口峠・高ツムジ山ツーリングの時は国道13号の旧道を北上して山形市内に戻りました。

今回は、米沢市の中心部から高畠町を目指し、二井宿、柏木峠を越えました。柏木峠を越える前に日は落ち、上山市郊外できれいなスカイラインを見ることができました。

樽口峠・高ツムジ山の時は、山形県南西部の小国町、飯豊町を走って230kmの走行でしたが、今回は若干遠回りして喜多方市まで行って240kmでした。

今年の県外ツアーは終了です。雪が降る前に、もう一回ツーリングに行けられるか、休みと天気次第ということになってきました。