Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新そばまつり 背あぶり峠

2018.11.19ツーリング 189km

前日の晩、高校の同級会がありました。20人が集まり、横浜や東京から駆け付けてくれた同級生もいて、懐かしく楽しい時間を過ごしました。みんな、三次会まで行き、午前2時まで飲み明かしたそうです。
翌日、天気が良いという予報により、ツーリングを入れていたので一次会で帰ってきました。

予報通り、天気が良く、行先は決めないで北に行くことにして、遅山仙人宅を朝7時に出発しました。

いつもの北上ルートを通り、東根市長瀞を過ぎ、村山市楯岡の西側で小休憩。
ここで、どこに行くか3択問題。

一つ 戸沢村の農家そば屋
二つ 鮭川村の25種類天ぷらのざるそば
三つ 最上町の新そばまつり

三つ目の最上町新そばまつりに決定し、山形県の道路情報のホームページから、まだ、冬季閉鎖されていないことを確認して、ここから東に向かい、背あぶり峠を越えることにしました。

背あぶり峠に向かう、つづら折りの道路を登っていくと、眼下に刈り取りが済んだ中沢の棚田の先に楯岡の町が見え、その先には雪をかぶった朝日連峰が見えました。

甑岳(こしきだけ)の頂が逆行に光っていました。

葉山はまだ雪を被っていませんでした。今年は、久しぶりに、この葉山の西側(こちらは東側)を走る国道458号を走り、肘折温泉に行きました。

背あぶり峠を越え、尾花沢市に入り、常盤トンネルを抜け、銀山温泉に向かわず、鍋越峠と反対方向に走り、奥の細道で松尾芭蕉が歩いた山刀伐峠(なたぎりとうげ)へショートカットしました。

山刀伐トンネルの少し前にある温度表示板は0℃を示していました。いつも、この表示板は飛んでもない数字を示しているので、今回も数値は違っていると思われます。夏に、マイナス表示していたり、数字かアルファベットかわからないこともあります。この日は、体感的に3℃ぐらいでした。

山刀伐トンネルを抜けると最上町赤倉温泉です。