Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冬眠中の仙人とお茶

ツーリングに行けず冬眠中だった遅山仙人を起こして、お茶と昼食をしました。

2018年10月8日のツーリングで最後に立ち寄った喫茶店「茶茶」に行ってみました。

昨年のツーリングを回顧しながら、抹茶セットをいただきました。

私の職場の隣席に座っている20代の男性が、遅山仙人の名前を知り、自分の中学校の先生だったという話題を思い出しました。

彼によると、当時、仙人は野生のカラスを飼っていたため、カラスというニックネームで生徒たちから呼ばれていたとのこと。このことを仙人に訊ねると勤めていた中学校とカラスがピッタリ一致して当人であることがわかりました。
自分がカラスと呼ばれていたことは初耳のようでした。

バングラデシュの渡航報告も兼ねて、遅山仙人にバングラデシュでの日本語教師を打診してみました。半分、冗談だと思ったのか話は先には進みませんでしたが、帰宅後、現地で小学校を経営しているベンガル人の知人に彼の写真を送ってみました。

すると、彼の風貌からムスリム(イスラム教徒)ですかと質問されました。

ムスリムの特徴である豊かな髭をを生やしているので、日本人でもムスリムなのかという疑問を持ったに違いありません。
現地の人にとっては、彼がバングラデシュに行っても違和感がないようです。

冬眠で不足しているタンパク質を補うため、昼食は「ちん豚」というトンカツ屋さんでトンカツ定食をたらふく食べました。とにかく、ご飯の量が半端ではありませんでした。

我が息子によると、この店のカツ丼の大盛りは飛んでもなく大きく、絶対に頼んではいけないと話していました。

タイミングが合えば、遅山仙人を連れてバングラに行こうかと思っています。